Top > 出来事 > 初心者が陥る罠

初心者が陥る罠

外為取引ビギナーが市場の要所を押さえるには、初めに注文を積み上げていく事が不可欠です。

 

未然に危機を予期するようになるようになるには、失敗をすることも重要です。

 

もちろん、負けたといっても元に戻せないほど決定的な失敗をしてはいけない。

 

取り返しが付く過ちを何回か体験することが己の経験値を高めてくれるはずです。

 

それを考えると、最初は少額資金で取引を行いそこで数回取り戻せる失敗をすることを推奨します。

 

例えとして、100万円しか投資できない場面で、最初から一円も残さないで投入してトレードすると失敗した時、二度と元に戻せない不安があります。

 

それよりは、たとえば資金の1割ずつ小分けしてトレードを行ないこれによってマイナスやプラスを体験した方が着実に負けをカバーする手法なども覚えるはずです。

 

まずはじめにわずかなお金で売り買いする事の価値は、実戦を増やし、失敗を制御する方策を覚える事にありますが同時に、注文の回数を多くする事で危険を削減できるという長所もあります。

 

たとえば、1回限りのトレードで勝てる確率が5割だと考えます。

 

ということは、同じ条件で損が生じる危険性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の確率で儲けられる事を現しています。

 

ところが、全ての投資資金を投資して1度のみの勝負をするということは、勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

これでは1回だけの丁半バクチと同じ。

 

言い換えれば、全てのお金を投入して1回こっきりの勝負しないと、この分だけ損失が生じる確率が高まってしまいます。

 

だからこそ、資金を全部投じるのではなく何度かに分けて、投資機会を増やす事が危険性を減らす事になります。

 

同時に少しずつ分けたとしても、全てのトレードでプラスにする事は大事ではありません。

 

正しく言うと、全て勝つことは出来ないのが実情です。

 

取引で大切なのは、勝ち負けの回数ではなく、どれほど儲けるかです。

 

勝率5割でも、さらに勝率が低くても利益を出す事は出来ます。

 

それ以上負けても損益が少しであれば3割の勝ちの利益でかなり利益を上げる事が出来ます。

 

そのために重要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。

 

損したら間髪を入れず損切りし、それとは逆に勝てる場面では上手く利益を出す事が外為をはじめたばかりの方が為替で儲ける極意です。

 

出来事

関連エントリー
子供が出来て疎かになったムダ毛処理1ドル95円初心者が陥る罠テスト